不足している栄養を補うために|ケールを配合している青汁を飲もう

時には趣向を変えて

サッと溶けるから便利

飲料

各種の栄養を豊富に含み、とても強い生命力を持つケールは、青汁でも大人気の緑黄色野菜です。
ケールの青汁は水に溶いて飲むほか、料理にも使えますので、色々アレンジして楽しみましょう。
簡単なところでは、お味噌汁に加えるといった方法もあります。
もしも毎日作るお味噌汁の具材に困った場合は、ケールの青汁をサッと溶かしますと、野菜の栄養をふんだんに摂れるお味噌汁の完成です。
ケールのビタミンCを壊さないようにするなら、鍋でグラグラ煮ることはせず、青汁はお味噌汁をお椀に入れてから加えると良いでしょう。
また同様に、市販のコーンスープの素などと一緒にケールの青汁をカップに入れ、そこへお湯を注ぎますと、手軽に洋風グリーンスープが出来上がります。
これなら楽々アレンジ可能ですから、忙しい朝にもピッタリです。
そのほか、出来上がったカレーのルーにケールの青汁を混ぜれば、あっという間にグリーンカレーへ変身します。
レトルトカレーを使えば更に簡単ですから、自炊をあまりしない1人暮らしの方にも、おすすめのアレンジメニューです。
一方、ケールの青汁は小麦粉との相性もバッチリですから、ベーキングパウダーや卵なども加え、牛乳などで溶いた生地をフライパンで焼きますと、見た目にも綺麗な美味しいグリーンパンケーキが作れます。
小さな子供にも嬉しい栄養たっぷりのパンケーキですが、簡単に焼きたい時は、市販のホットケーキミックスを使うと良いでしょう。

人気を得る理由は何がある

老人

青汁は体にいい飲み物として定着しており、健康を維持するために多くの方が愛用されています。
市販されている青汁の原料には、大麦若葉と明日葉、ケールが代表的な原料で、他にも、飲みやすくするためや栄養効果を上げるために様々な原料をプラスして製品化されているのが現在の青汁です。
もちろん、原料100%のものもありますので、本人の味覚や体調などを考慮して選ばれると良いでしょう。
青汁の中でもケールを使った製品がかなりの人気を集めていますが、その理由には大麦若葉や明日葉と同種類の栄養素が含まれているにも関わらず、含まれる栄養素の量が断然に多いからです。
とくに、ビタミンCやカルシウム、鉄分は何倍もの量が含まれており、さらに大麦若葉にはないメラトニンという成分が豊富に含まれています。
豊富な栄養素が含まれていることによって健康効果を望むことができるので、現代の健康志向に向いている製品だからです。
ケールの青汁を摂取することで期待できる効果としては、健康面ではビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり含まれていることで風邪や花粉症、動脈硬化、ガンの予防まで期待できます。
とくに、現代病と言われる生活習慣病に大きな期待が持てることで、健康維持に努める方にとっては有り難い存在です。
もちろん、美容面にも期待できる成分のメラトニンやベータカロテン、多彩なビタミン類によって抗酸化作用を生み出し、アンチエイジング効果が期待できます。
他にも、美白効果や美肌効果、女性には嬉しい便秘の解消にも役立つことから評価が高くなっているのです。
近年のケールを原料とした青汁は、企業努力によって大変飲みやすく改良されています。
青汁の飲みにくいイメージを一新させているのも事実で、子供から年配の方、男性や女性に関係なく気軽に摂取できることも含めて、ケールを原料とした青汁を多くの方が利用されています。

種類により健康効果も違う

男性

健康のために、青汁を飲みたいと考えている人は多いようです。
しかし、色々な種類の青汁が販売されており、どれが良いのか迷ってしまいます。
では、青汁の種類とはどのようなものがあり、どんな特徴をもっているのでしょう。
青汁の種類は、主要なものが3つあります。
1つ目は、ケールを主原料とするタイプで、生活習慣病を予防したり、免疫を向上させたり、目の健康を促進する作用があります。
ケールには、ビタミンAやカルシウムが豊富に含まれるほか、目を保護するルテインなど、栄養価が高いことで有名です。
そのほかにも、安眠効果があるメラトニンや、GABA、クロロフィルなどが含まれています。
ケール自体は、苦みのある野菜ですが、青汁では苦みを感じないよう工夫されています。
2つ目は、大麦若葉を主原料とするタイプで、新陳代謝のアップや貧血を予防する効果があります。
大麦若葉は、抗酸化作用が高いのが特徴で、アンチエイジングや免疫力の増強も図れます。
また、味もまろやかで飲みやすく、初めての人にもおススメです。
3つ目は、明日葉を主原料とするタイプで、便秘の解消や血圧の降下作用などがあります。
明日葉にしかないカルコンという成分が含まれており、強力な抗酸化作用もあります。
美肌やアンチエイジングを求める人に、最適の青汁です。
このように、青汁はケール、大麦若葉、明日葉と、主原料の種類によって分類され、それぞれ独自の効能を持つため、自分の体調に合わせて飲み分けるのがベストです。