不足している栄養を補うために|ケールを配合している青汁を飲もう

緑黄色野菜の王様に注目

コップ一杯を食事にプラス

女性

今や青汁は、不足しがちな栄養素を手軽にプラスしてくれる便利な健康補助食品の一つとして一般的です。
しかし同じ青汁を飲むなら栄養素が高く、体に一番いいものを摂りたいものですね。
今青汁の原材料として、健康に関心が高い人たちの間で最も注目を浴びているのがケールです。
ケールは紀元前から地中海沿岸で生育するアブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーの原種です。
そのためキャベツやブロッコリーが品種改良で失われていった高い栄養素を未だ豊富に含んでおり、それが緑黄色野菜の王様と言われる所以なのです。
ではケールにはどのような効果のある栄養素が含んでいるのでしょうか。
まず食物繊維が大変豊富で便秘を解消することで、余分な脂質の排出を促しダイエット効果があります。
また高い抗酸化作用のあるルテインやβカロテンを含み、アンチエイジングや美肌効果更に発がん性物質の抑制効果や目の機能の改善効果が見られます。
そして牛乳の二倍のカルシウムを含み、安眠効果のあるメラトニンが豊富に含まれているため精神を安定させる効果があり、代謝アップ効果のあるマグネシウムや様々なビタミン群も含まれ多角度から健康や美容をサポートしてくれます。
このようにケールには、毎日の食事で不足しがちな健康や美容にいい栄養素がたっぷりと含まれています。
紀元前から続くこのケールを使った青汁を毎日の食事にプラスするだけで、元気漲る毎日を送れると人気が高まっています。
なんとなく元気がなかったり、スッキリしなかったりという人は試してみるとよいでしょう。

原料によって価格が異なる

家族

青汁には、ビタミンやミネラル、食物繊維をはじめ、多くの栄養素が含まれています。
主原料となるケールは、野菜の王様と呼ばれるぐらい栄養価が高く、健康を維持するため、また、美容を向上させるために欠かせない栄養素がたくさん摂取できます。
ケールは、独特の苦みがあり、以前はくせのある味が特徴だった青汁ですが、まろやかで飲みやすいものも多くなり、小さな子供から大人まで、幅広い年齢層が美味しく飲める健康ドリンクとなっています。
気になるのは、青汁の価格ですが、どれぐらいが相場となっているのでしょう。
青汁は、ケールの他にも明日葉や桑の葉などを主原料にするものがありますが、明日葉を主原料にするものは、価格が若干高くなります。
全体的な価格の相場で言えば、1ヶ月3000円から4000円、1日1杯100円から130円となります。
1日100円以下で飲める格安の青汁もありますが、あまりにも安すぎるものは、十分な栄養が摂取できない可能性もあるので、しっかりと成分表を確認しましょう。
原材料が国産でないものや、国産でも有機栽培で作られていないものは、価格が安い傾向にあります。
青汁を選ぶ時は、安さにこだわるのではなく、安全性や栄養価を考慮して決めることが大切です。
1日1杯の青汁は、健康習慣として定着しつつあります。
まだ青汁を飲んでいない人は、ケールや明日葉、桑の葉など、グリーンリーフの恩恵に浴するためにも、新しい健康・美容習慣として取り入れてみましょう。

より美味しく飲むなら

青汁

青汁は健康や美容を意識する人に人気の健康飲料ですが、商品ごとに選ばれている野菜には違いがあります。
特にケールは有名な存在で、キャベツに良く似た野菜です。
ケールは生命力が強く一年中栽培ができる、さらに栄養価が豊富ということもあり、青汁には特に向いている野菜と言えます。
ビタミンやミネラルはもちろん、葉酸や食物繊維も豊富で目の健康に良いルテインもしっかりと含まれています。
ケールは苦みや青臭さもあり、以前は体に良いものの、飲みにくい、美味しくないと言われていましたが、最近はより美味しく飲めるタイプの青汁も増えています。
ハチミツなどで甘みをつけているものや、大麦若葉など他の野菜とブレンドしたものなども飲みやすくなっていますので、評判もよく確認し、美味しく飲みやすい商品を選んでいきましょう。
ケールの青汁は冷凍ものなどもありますが、最近は粉末タイプの商品も人気です。
粉末タイプのものは水と混ぜるだけですぐに用意することができますが、アレンジがしやすいことでも人気となっています。
水のかわりに牛乳と混ぜるとカルシウムもしっかりと摂ることができますし、抹茶ミルクのような味わいとなり飲みやすくなります。
さらにフルーツジュースや野菜ジュースと混ぜるとより多くの栄養素を摂ることもできますし、グリーンスムージーのような風味となり、こちらも飲みやすいと言えます。
さらにヨーグルトと合わせるとケールの青臭さを抑えることができ、デザートのような感覚でいただくこともできます。