不足している栄養を補うために|ケールを配合している青汁を飲もう

栄養効果が高い

目の健康を守る

男の人

健康のために、毎日青汁を飲んでいる人は多いようですが、その原料となっているのがケールです。
ケールは、栄養価が高く野菜の王様とも呼ばれており、様々な健康や美容効果があります。
では、ケールにどのような効果があるのかというと、主要なものが5つあります。
1つ目は、目の健康を保つ効果です。
ケールには、眼病予防の効果があるルテインが多く含まれており、紫外線やブルーライトから目を保護してくれます。
パソコンやスマホが手放せない、現代人に欠かせない野菜です。
2つ目は、生活習慣病の予防です。
ケールには、食物繊維が豊富に含まれているため、血糖値やコレステロールの上昇を抑える作用があります。
そのため、高血圧や糖尿病を防ぐ役割も果たします。
3つ目は、免疫力を高めることです。
ケールには、ビタミンCをはじめ、免疫力を高める効果のある成分がふくまれているため、風邪をひきにくくなるなど、ウィルスの感染から身を守ってくれます。
4つ目は、美肌効果です。
ケールに含まれるビタミンEには、抗酸化作用があり、アンチエイジングや美肌を促す効果があります。
また、ビタミンCも含まれているので、シミやくすみも防げます。
5つ目は、ストレスを解消し、心を落ち着かせることです。
ケールにはイライラを解消したり、心を落ち着かせたりする作用のあるメラトニンやカルシウムが含まれているため、リラックス効果もあります。
これらの健康・美容効果を実感するために、ケールの健康ドリンクやサプリを飲む習慣をつけてみてはいかがでしょう。

体調に注意して青汁を飲む

ファミリー

ケールが使われている青汁は、野菜不足が気になる時に気軽に飲むことができる健康食品になります。
しかし、病気を治療中の方、は飲み合わせが良くない結果をもたらすことがあります。
 ケールの含まれた青汁を飲む前に、病院にかかっている方は医師に相談をしてください。
ワーファリンを服用中の方は、飲む前に医師に相談しましょう。
ワーファリンは血液凝固を防ぐ薬です。
しかし、青汁には、血液凝固を促進させるビタミンKが多く含まれており、薬の効果を減退させてしまいます。
次に腎臓病の治療で医師からカリウムの摂取制限を受けている方は、青汁を飲用してはいけません。
ケールはカリウムを多く含んでいます。
青汁にもカリウムが多く含まれています。
対して、腎臓病の方は口から取り入れたカリウムを尿として排出することができず、カリウムが多く滞留してしまい高カリウム血症をおこしてしまいます。
そのため腎臓病の方は、青汁を飲用できません。
次に飲用できる方への注意点になります。
ケールを使った青汁の中には食物繊維が多く含まれています。
そして液体なので気軽に飲用することができます。
下痢や便秘になりやすい人や胃腸の弱い人はその点に注意すべきです。
液体であるため急激に食物繊維が腸内に取り込まれ、腸が分解しきれずに下痢、また便秘に苦しむことになります。
また、胃腸の弱い人は食欲不振をおこすこともあります。
最後に青汁は食物なのでアレルギーを起こす可能性はゼロではありません。
アレルギーで治療中、または自分はアレルギー体質であると自覚のある方は青汁の商品を購入する前にサンプルやお試しセットが用意されていれば、それらで飲用し、飲めるかどうか確認するべきです。
また、アレルギーは生死に関わる重篤な状態も引き起こすこともあるので医師に相談することが最善な方法になります。

キャベツのような形状です

青汁

健康を維持するために、積極的に緑黄色野菜を摂取する必要があるので、青汁などの原料に使われているケールに高い関心を持っている人が増えています。
ケールはアブラナ科の植物で、キャベツに似た形状をしていますが、葉が扇型に広がっており、キャベツのように葉は巻いていません。
通常の緑黄色野菜に比べても、ビタミンや葉緑素、食物繊維などが豊富に含まれており、非常に栄養価が高いのが特徴です。
独特の苦みやクセがあるので、料理にはあまり使われておらず、青汁で摂取することが多いです。
独特の苦みが気になる人は、冷凍したタイプの商品よりも、粉末状の商品を選んだほうが飲みやすいです。
仕事や家事で忙しい人は、ビタミン不足が心配な人が多いですが、ケールが主成分になっている青汁を一日に、1、2杯程度飲むことで、不足しがちな栄養素を補うことができます。
ケールは地中海沿岸などで栽培されていますが、現代は北海道から、沖縄まで、全国で栽培されています。
ケールには、鉄分やカルシウムが豊富に含まれているので、貧血気味で疲れやすい人や、更年期の年代を過ぎて、骨粗鬆症や生活習慣病が心配な人も続けてみると良いでしょう。
ケールは鮮やかな美しいグリーンが特徴になっており、血圧を安定させたり、中性脂肪やコレステロール値の上昇を抑えたりする働きがあります。
ケールが主成分になっている青汁は、数多くのお店で販売されていますが、他の野菜をブレンドした商品は、味も美味しく飲みやすいので、試してみると良いでしょう。